6月11日陸前高田市にて

10:00 川の駅よこたにて「復興支援Tシャツ」の販売
販売前から列を作って頂き感謝の思いでいっぱいです。
今回、製作したTシャツ800枚はほぼ完売!
ボランティアスタッフも手際よく頑張って頂きました。
川の駅の組合長並びにお店の方々にはいつも良くして頂きありがとうございます。
次回の販売は「川の駅よこた」にて6月19日(日) 10時から販売予定になっております。
川の駅よこたにて「復興支援Tシャツ」の販売川の駅よこたにて「復興支援Tシャツ」の販売

(写真をクリックすると拡大されます。)

陸前高田市給食センターにて災害FMスタッフの面接
パーソナリティ、レポーター、テクニカルスタッフの募集に、様々な方から応募がありました。
皆さんと力を合わせて、市民のために役立つ災害放送に努めたいと思います。
陸前高田市給食センター2階の和室は、通称銀マットの部屋と呼ばれています。
中央に銀マットが敷かれていて、クッションにもなりとても温かいです。
名古屋テレビの取材の中、面接に来られた皆さんありがとうございます。
陸前高田市給食センターにて災害FMスタッフの面接

(写真をクリックすると拡大されます。)

14:46 陸前高田市仮庁舎の前で黙祷
サイレン終了後、菊池部長の掛け声で、職員や市民、自衛隊員約35人が1分間黙祷。
Aidスタッフも厳粛な思いで参加させて頂きました。
陸前高田市仮庁舎の前で黙祷陸前高田市仮庁舎の前で黙祷

(写真をクリックすると拡大されます。)

戸羽市長「3ヶ月はあっという間だった。
われわれはまだ復旧の途中。
気持ちを新たに、復興に向けて頑張っていきたい」

18:00 おおふなとさいがいFMにて「陸前高田特別番組」をON AIR
陸前高田市民歌をオープニングに、生放送で戸羽市長の思いメッセージが語られた数十分でした。
おおふなとさいがいFMにて「陸前高田特別番組」をON AIRおおふなとさいがいFMにて「陸前高田特別番組」をON AIR

(写真をクリックすると拡大されます。)

戸羽市長「20年かかっても30年かかっても『あの陸前高田がこんなになったのか』と言われるようにしたい」と復興への決意を語られました。
再放送を予定しております。
日時については広報りくぜんたかた、または当HPにてお知らせします。
パーソナリティ:近衛はな(女優・脚本家)
インタビュー:AidTAKATA代表 村上 清 


 


Back to Top ↑