「活動報告アーカイブ」 2012年3月一覧

第3回 「学生たちだけで行く学生のためのボランティアバス」ツアー開催!

第3回「学生たちで行く学生のための陸前高田交流ツアー」in やはぎすぎっこ村
日時:3月24-25日
場所:やはぎすぎっこ村(陸前高田市矢作町金屋敷)
参加者:首都圏の中、高、大学生(25名)

NPO法人AidTAKATA主催で第3回学生たちで行く学生のための「陸前高田交流ツアー」in やはぎすぎっこ村を開催しました。

24日夕方、黒崎仙郷温泉にて入浴後、「やはぎすぎっこ村」に入村。
自炊にてカレーをつくり、食後はDVD等にて在りし日の陸前高田の美しい景色を鑑賞、大和田氏の撮った津波の記録写真を見ながらの、当日から今の状況について説明、懇談会へと進んでいきました。

今回のメインは、25日に行われた川原祭組の子どもたちによる獅子舞と七夕囃子の披露です。
川原祭組佐々木芳勝会長は「川原は津波によりすべて無くなり、犠牲者も100名にのぼり町も解散しましたが川原祭組だけは地域の繋がりを維持するため解散させずに存続しております。
みんなが集まって練習する場所もなく、8月の七夕以来のぶっつけ本番になりますが、子どもたちの体に染みついているので立派な演奏をしてくれる事と思います。ご来場のみなさんを少しでも元気に出来たらとの思いで演奏します」

矢作の山々に響き渡る笛と太鼓、子どもたちの力強い演奏に参加の学生たち、市民の方々も歓声と笑顔に会場は包まれ、演目終了後は川原祭組と参加者と一緒に太鼓をたたく風景が見られました。

【主なプログラム】
3月24日
陸前高田市の勉強会
陸前高田市役所広報担当
大和田智広氏との懇談会
3月25日
市街地視察
(旧市役所、体育館、高田高校、
気仙伝承館等)
民話の語り
もちつき体験
川原祭組
子どもたちによる
・秋葉権現川原獅子舞
・川原七夕囃子
高田音頭

「やはぎすぎっこ村」とは

陸前高田市矢作町にある「やはぎすぎっこ村」はAidTAKATAが運営・推進する、市民と市民、市民とボランティア、ボランティアとボランティアが交流・情報交換をしながら被災地支援のみならず、陸前高田を支援するボランティアの拠点となる事を目指します。
現在、この場所は空家屋と広大な土地があるだけで、まだ手入れがされておません。
これから市民やボランティアの力をお借りして、開拓・開墾を重ね皆さんが自由に集える場所を作り、早ければGW頃に一般開放できればと考えています。

第2回 「学生たちだけで行く学生のためのボランティアバス」ツアー開催!

第2回「学生たちで行く学生のための陸前高田交流ツアー」in やはぎすぎっこ村

日時:3月21-23日
場所:やはぎすぎっこ村
     (陸前高田市矢作町金屋敷)
参加者:神奈川大学ボランティア支援室、
     神奈川大学、学生団体Air.(25名)

【主なプログラム】
3月21日
陸前高田市の勉強会
ゲスト:きのこのSATA販売
    佐藤社長
3月23日
市街地視察
(旧市役所、体育館、高田高校等)
民話の語り
野菜の種まき
もちつき体験
高田音頭
久保田副市長懇談会
きのこのSATA販売 佐藤社長 久保田副市長

 
もちつき体験  自炊する学生たち
  みんなで高田音頭
「やはぎすぎっこ村」とは

陸前高田市矢作町にある「やはぎすぎっこ村」はAidTAKATAが運営・推進する、市民と市民、市民とボランティア、ボランティアとボランティアが交流・情報交換をしながら被災地支援のみならず、陸前高田を支援するボランティアの拠点となる事を目指します。
現在、この場所は空家屋と広大な土地があるだけで、まだ手入れがされておません。
これから市民やボランティアの力をお借りして、開拓・開墾を重ね皆さんが自由に集える場所を作り、早ければGW頃に一般開放できればと考えています。

第1回 「学生たちだけで行く学生のためのボランティアバス」ツアー開催!

2月25日-27日、NPO法人AidTAKATA主催、復興支援団体SET、震災ボランティア団体ToVR、FRIENDSHIPTAKATA、学生団体Air.との共同(神奈川大学ボランティア支援室協力)で、「学生だけで行く学生のための『陸前高田市支援ボランティアバス』」ツアーを開催しました。
東京を7時半に出発し、近年にない大雪のため陸前高田に到着したのが22時半、片道15時間(通常の約2倍の時間)を要したスタートとなりました。

今まで被災地支援をしたことがない、被災地に行ったことがない、最近被災地支援ができていない、という「ない」学生を対象に添乗員4名を含む23大学の学生38名(高校生含む)が参加。
参加者のほとんどは今回のバスツアーが被災地入り初。大学生同士、友だち同士ボランティア経験の浅い人同士でボランティアに参加したいという学生たちです。

ツアーの趣旨は学生による支援の裾野を広げること、そして矢作町の民家を宿泊および拠点としボランティア活動を通して陸前高田市の方々とコミュニケーションを図り、地域活性化やコミュニティ活動の一助となっていくことです。

今回はサンビレッジにて子ども遊び支援活動、広田町でのイベント手伝い、コミュニティ再生支援等のボランティア活動を組み込んだ1泊3日のツアーでした。
積極的に市民の方々と交流ができ、参加者が陸前高田市の魅力を感じてもらう機会となりました。

【主なプログラム】
2月25日
夕食交流会
濱守栄子さんライブと民話の
語り※「国道45号線」絶賛発売中!
2月26日
各地域での支援活動(高田町,広田町)
矢作地区にて
住民と学生の昼食会
もちつき体験      
野菜の種蒔き     
ゲスト:きのこのSATO佐藤社長
HAMAちゃんこと濱守栄子さんのライブで学生たちをお迎え。
大船渡、陸前高田の想いを語って頂き、気仙の民話の語りと「国道45号線」「キセキ」を披露して頂きました。
サンビレッジでは小学生20名と東京の大学生5名、東京の高校生1名、高田高校の生徒13名が参加し、ドッジビーや缶けりで一緒に汗を流し笑顔あふれる時間を過ごしました。
宿泊拠点となった矢作地区では、食事会と餅つきで歓迎を受け、継続的な交流を約束する一日にとなりました。
今回はAidの陸前高田スタッフにて、部屋の掃除から食事の準備まで万全の態勢でお迎えしました。
参加された学生達も大満足の中、家路に着きました。
被災地を見た思いはそれぞれかと思いますが、これからも陸前高田に関わっていただける事を信じたいと思います。参加された皆さまお疲れ様でした。
3/21-23は久保田副市長をお迎えし、神奈川大学中心の学生ツアーの予定です。
「やはぎすぎっこ村」とは
陸前高田市矢作町にある「やはぎすぎっこ村」はAidTAKATAが運営・推進する、市民と市民、市民とボランティア、ボランティアとボランティアが交流・情報交換をしながら被災地支援のみならず、陸前高田を支援するボランティアの拠点となる事を目指します。
現在、この場所は空家屋と広大な土地があるだけで、まだ手入れがされておません。
これから市民やボランティアの力をお借りして、開拓・開墾を重ね皆さんが自由に集える場所を作り、早ければGW頃に一般開放できればと考えています。

 


Back to Top ↑