エイドタカタ > 活動記録 > アメリカ大使館への表敬訪問-9月6日

アメリカ大使館への表敬訪問-9月6日

2011年9月17日 カテゴリー:活動記録

出席者
アメリカ大使館:ルース大使,バサラ上級顧問,ナイリン政策課長,ウオルコット書記官 他   陸前高田市:戸羽太市長,村上智幸係長,村上清ふるさと大使(AidTAKATA代表)

戸羽市長:本日は、当市の現況報告とアメリカ大使館にお願いしたいことがある。
8月の中旬には仮設住宅が完成し、希望するすべての人が避難所から仮設住宅に移っている。
しかし、雇用がなく厳しい状況に変わりはない。
人的被害は1500人超える死亡者、200人の行方不明者があり、警察を中心に捜索活動が続いている。
今回の災害によって子どもたちは非常に辛い体験をした。
今後、子どもたちが力強く、自信を持って生きていくために「異文化教育」にも力を入れていきたいと考えている。
様々な交流を通して体験をさせてあげたい。アメリカとしてのプログラムを提案させていただきたい。

ルース大使:この数か月間、大使館として様々支援内容を検討してきた。
重点的な支援として子ども教育のグローバル化を進めるために「留学」「英語教育」などをしていきたい。
市長の提案には関心がある。
ぜひ、協力をさせていただきたい。
協力を始めるために情報収集を行い具体的な支援の内容を検討し、資金を集め「人」を投資しながらプログラムを作成していく。

戸羽市長の命を受け、今後の連絡調整はAid代表村上が行います。

国際交流の拡大、陸前高田市から世界の人材へ。