エイドタカタ > 活動記録 > 埼玉県立南稜高校文化祭

埼玉県立南稜高校文化祭

2011年9月17日 カテゴリー:活動記録

日時:2011年9月9日(金)・10日(土)
場所:埼玉県立南稜高校(北戸田駅)

南稜高校生徒会のご厚意で、文化祭での生徒会企画「被災地支援プロジェクト」に陸前高田の被災状況写真(特に岩手県立高田高校生徒会の協力による、高田高校の被災写真、生徒会の写真など)を展示、AidTAKATAより写真の提供と陸前高田支援グッズを委託販売させていただきました。

南稜高校の生徒たちの手書きのポップや、キャプションなどがとても高校生らしく、被災地を真剣に応援しようと思う生徒たちの熱意が見えました。

9日の埼玉新聞の朝刊に文化祭の様子が取り上げられ、その取材でも南稜高校の皆さんが全面的に陸前高田のことを紹介してくれたため、新聞を読んだ方が、わざわざ支援グッズを買いに来てくれ、見学に来ていた私たちに応援の言葉までくださいました。そうした埼玉の皆様の温かい思いもしっかりと現地へと届けます。

前段階として南稜高校で打合せをした際、生徒から、生徒会として、高校生として、自分たちが被災地のために、被災者のために何ができるか、何をしていけばいいかを考えていく中で、メッセージカードを全生徒に呼びかけて書いてもらい、それを被災地に送りたいという思いが生まれたということを聞きました。その取り組みは、文化祭の中でも行われ、多くの参加者が、生徒の手作りの色とりどりのメッセージカードに書き込み、ボードに張り付けていました。

ただ、生徒会として、どこに送るのが最適なのか、また送ること自体が迷惑になってしまうのではないかという不安があったようです。被災地・被災者のことを真剣に考えるからこその純粋な悩みに、私も陸前高田の支援にかかわるものとして、胸が熱くなりました。

このメッセージカードは、AidTAKATAが責任をもって、適切な場所へ送り、南稜高校の生徒会の思いをしっかりと届けます。
文化祭が終わった後で、生徒会顧問の小林先生からは「今回のことだけで終わりにはせず、今後も積極的に陸前高田とかかわっていきたい。近いうちに生徒会全員を陸前高田に連れて行きたい。」という力強いお言葉をいただけました。ぜひ、AidTAKATAとして、その実現に全力を尽くしたいと思います。

今回は、南稜高校の生徒会の皆様、生徒会顧問の先生、生徒の皆さん、すべての学校関係者様、埼玉県の皆さん、どうもありがとうございました。また写真パネル作成にあたり協力くださいました高田高校の生徒会の皆様、生徒会顧問の先生にもこの場を借りて御礼申し上げます。

(写真をクリックすると大きくなります。)
陸前高田市復興街づくりイベント街おこし・夢おこし 陸前高田市復興街づくりイベント 街おこし・夢おこし
陸前高田市復興街づくりイベント 街おこし・夢おこし 陸前高田市復興街づくりイベント 街おこし・夢おこし